水準に達しているかを見る日本語教育能力検定試験 - 日本語教育能力検定試験の難易度

水準に達しているかを見る日本語教育能力検定試験

日本語教育能力検定試験は日本語教師の資格の一つとして、毎年多くの人が挑戦している試験です。

日本語教育能力の検定に有効なサイトの紹介です。

この試験に合格するとプロの日本語教師とみなされることになります。この試験は昭和62年度より日本国際教育協会によって年1回1月に実施されているもので、試験は日本語教員の専門性の確立と日本語教育の水準の向上を目的に、日本語教員の知識・能力を判定するものと定義付けられている試験です。



検定試験というと英語や漢字検定のように本人が一定のレベルに達しているかどうかを判定する目安のような試験と思われますが、日本語教育能力検定試験はもっと資格試験に近いものと考えられています。

一般的に日本語教育能力検定試験は、日本語教師の基本的な知識・能力を備えているかどうかを判定する試験という意味で認知されていますが、日本語教師を採用する日本語教育機関でこの試験の合格者を重視する理由としては、日本語教師の資格を備えているからではなく日本語教師としての一定のアベレージに達しているからということのほうが、ウェイトが大きくなっているようです。日本語教育機関での採用に当たっては、この試験の合格を持って一定のアベレージに達していると評価したうえで学歴・養成機関での学習歴・日本語教育現場での経験などを幅広く検討されることになります。



この試験はあくまでペーパーテストであり、日本語教育機関が最も重視する実践の場面でどの程度通用するかということは、この試験の結果だけで正確に判断することは難しいからです。